スポンサードリンク

アカペラ国内アーティスト(アカペラG)

国内のアカペラアーティストの中でおすすめのアカペラグループをご紹介します!

RAG FAIR(ラグフェア)


RAG FAIR(ラグフェア)は現在、日本で一番有名なアカペラグループ、と言えるのではないでしょうか?もともとは、埼玉大学のサークルで、グループを結成し、何度かメンバーチェンジを経て、今の男性6人になったようです。彼らが一躍有名になったのは、2001年フジテレビ系バラエティ、 「力の限りゴーゴゴー」で、メンバーの一人である奥村政佳が、違うグループの一人として、出演したことがきっかけとなっています。当時、番組の影響で、アカペラを始める若者が急増しました。

最初に、彼らの中で有名になったのが、ボイパ担当の奥村であったためにラグフェアと言えば、ボイパのイメージが強いかもしれません。初めて聴いた人は、実際ステージを見ないと本物の打楽器なのではないかと、疑ってしまうくらい定評があります。さらに、6人全員が曲作りをしているため、ラグフェアのアルバムは彼らの個性が溢れていて、色々なテイストの曲が楽しめます。

→ RAG FAIRのCD・DVD一覧はこちら

そして、彼らの良さは、何といってもノリの良さです。
アップテンポでノリノリの曲を歌わせたら、まず右に出るものはいないでしょう。アカペラって楽しい!みんなも入っておいで!と、いつもメッセージを発信してくれている気がします。しっとりとハーモニーを聴かせてくれるというより、みんなでこの楽しい空間をシェアしよう!と誘ってくれるようなグループです。


INSPi(インスピ)


大阪大学のアカペラグループが母体になっている、男性6人組グループ。実は、アカペラは関東より関西の方が盛んで、アカペラライブやイベントも数多く催されています。群雄割拠の中、先に頭一つ飛び出したグループです。一般的に、アカペラグループは、カバー曲を主なレパートリーとするところが多いようです。しかしINSPiは、大部分のアカペラグループと異なり、オリジナル曲を大切にするということでも有名です。

INSPiを全国的に有名にしたのは、RAG FAIRと同様に「力の限りゴーゴゴー!」の1コーナーに出演したことでしょう。RAG FAIR同様、全国にアカペラブームを巻き起こした草分け的存在です。

→ INSPi(インスピ)のCD・DVD一覧はこちら

メジャーデビューを果たした後も、ライブ活動やインディーズに拠点を置いている為、あまりテレビで観ることは少なくなりました。しかし2005年から、日立グループのCMの曲「この木なんの木」をのびやかに歌っていますので、彼らのことを知らなくても、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

彼らの魅力は、優しく包み込んでくれるようなリードと透明感あふれるコーラスです。特にコーラスは、異なった声質をよくここまで合わせてきたものだと心底うならずにはいられません。もともとコーラスパートが皆似ている声質だったのか、練習がそうさせたのか、とにかくハーモニーは絶品です!


Baby Boo(ベイビーブー)


Baby Boo(ベイビーブー)は、神戸出身の「ホンモノをつくる」を合言葉に結成した、男性5人組グループ。
結成当時はパーカッションパートが存在しましたが脱退し、現在はパーカッションはいません。 アカペラグループというより、ボーカルグループと言えるかもしれません。実力もさることながら、その甘いルックスも魅力です。アイドル並みのルックス、さらに歌が上手い、天は二物を与えてくれました。

残念ながら、テレビではなかなか歌っている姿を見ることが少ないのですが、ライブ活動がさかんで、全国各地で精力的にライブを敢行しています。さらに様々なライブイベントにも出演し、毎月東京と神戸でマンスリーライブを開催しているので、もし詳細をご希望の方はBaby Booの公式ホームページにアクセスしてみてください。

→ Baby Boo(ベイビーブー)のCD一覧はコチラ

彼らの魅力は、なんといっても一人一人の潜在能力の高さです。
リードはもちろんのこと、コーラス、ベースパートも一人一人がレベルが高い。抜群の安定感があり、聴いていて安心できます。さらに、分かりやすく、心温まる歌詞も人気の一つだと思います。


香港好運(ホンコンラッキーズ)


香港好運(ホンコンラッキーズ)は、1992年結成のアカペラ界の長老とも言える男性6人組グループ。
ボイパを主に担当しているYUは、関東各地のカルチャースクールなどでアカペラ講座を担当しているため、YUを通して、アカペラを知り、アカペラの基礎を教わった人もたくさんいることでしょう。

平均年齢がやや上なのもあって、全体的に落ち着いてます。
しかしステージに上がれば、リードがとにかくパワフルで圧倒されますし、コーラスワークも見事です。途中に入るMCも楽しくて、とても面白いです。ハーモニーはもちろん、パフォーマンスで魅せるグループです。ぜひ一度ステージをご覧になって頂きたいです。

頻繁ではないですが、ライブを主に活動していますので、香港好運のホームページを検索してみてください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. アカペラグループとボーカルグループ
  2. アカペラ国内アーティスト(ボーカルG)
  3. アカペラ海外アーティスト(アカペラG)
  4. アカペラ海外アーティスト(ボーカルG)
  5. アカペラ上達で役立つCDやDVD
  6. アカペラライブを観るには

TOPPAGE  TOP