スポンサードリンク

ボイパに挑戦

アカペラ:ボイパに挑戦今やアカペラにはなくてはならない存在のボイパ。

ボイパが入っていると、格段にノリが良くなり、曲の雰囲気も変わります。初めての人には難しいのでは...と構えてしまいがちですが、そんなことはありません。スタイルも、練習方法も、自分流に自由に練習できます。アカペラの世界に踏み入れたら、一度は挑戦してみましょう。きっと楽しいはず、もしかしたらハマってしまうかもしれませんよ。

ボイパは打楽器(パーカッション)を真似ているので、楽器店などで生のドラムに触って、楽器一つ一つどんな音が出るのかを試してみたり、ドラムマシンやリズムボックスでリズムのパターンを研究することから始めると、良いかもしれません。原曲のリズムパターンを何度も聴きこんで、自分でコピーしてみるのも良いでしょう。最初は研究あるのみ、何でも真似ることから始めてみましょう。

毎日の練習は、歩きながらが一番効果的です。
歩きながらボイパでリズムをとる。ただし、くれぐれも人のいないところや危険じゃない場所でお願いします。どんな楽器もそうですが、毎日の練習の積み重ねで体得できるようになるものです。 とにかくボイパにハマる、寝ても覚めてもリズムのことばかり考えてる。そんなボイパに夢中な状態が、うまく自分の中に作れれば、上達も早くなるでしょう。



スポンサードリンク

関連記事

  1. リードを歌おう
  2. コーラスを歌おう
  3. ベースを歌おう

TOPPAGE  TOP